2015年10月11日

『ブレイキング・バッド』(後編)〜男がスポーツカーを買ってしまう日〜

1007_BB02_01.jpg

『ブレイキング・バッド』というドラマの新鮮さは刑事ものなら押収品、ギャングものでは商材といわゆるマクガフィンでしかない違法薬物そのもの、そして製造過程にスポットを当てた点にあると言えます。まあテレビは普通怖がってやらない題材ですしAMCはケーブルテレビだからやれたというだけの話なんでしょうけど。
禁制品とはいえ原料・設備を知恵と勇気で調達し、品質・数量をストイックに管理する“ものづくり”の楽しさ。そこがこのドラマの芯でありウォルターの行動原理にもなっています。重罪だとわかっている。散々怖い思いもする。そもそも生活のために仕方なく始めたことである。だけど製品が上手くできれば嬉しいし失敗すれば悲しい。いつしかお金儲けを超えて物を作ることそれ自体につい意地になってしまう。
真保裕一の『奪取』とか映画『戦場にかける橋』なんかでも描かれる心理ですが、人間誰しも多かれ少なかれそんな職人魂めいたこだわりの部分があって、ブラック企業に勤めて明日なき日々を送っていてもその日その日の仕事にはどうしても魂を込めてしまうものです(まあそんな魂も経営者に搾取されて格差拡大に貢献するだけなんで程々にしとくべきなんですが)
くれぐれもダメ、ゼッタイなんですが日本人ならばウォルターの真摯な“ものづくり”には非常に共感できると思います。

もう一つ。本作は意外にも社会派です。今のアメリカ人の貧困という状況が物語の前提にありまして、プール付きの一戸建てに住んで一見中流のウォルターは相当ギリギリの生活してて高校が休みの日は近所の洗車場でアルバイトしなくてはいけませんし、街中の人々がそんな飢渇寸前の状態で生きています。さらに高額医療費も経済難に拍車を掛けます。
そんな中羽振りが良いのは薬物の売人だけで、ウォルターが悪事に手を染めた最初のきっかけも街で高級車を乗り回す元教え子のジェシーがメスを密造していると偶然知ったからでした。
ウォルター&ジェシー以外にも薬物の売人や元締や殺し屋といった犯罪者が多数登場する本作ですが、各々に大切に思う家族が設定されており悪事の動機も家族を養うためだったのだと描き込まれています。正論で言えばダメ、ゼッタイなんですけど、じゃあ彼らを責めることができるのかという重い問いかけがそこにあります。

1007_BB02_22.jpg


重くなりましたが本題のミニカー2台。Greenlight Hollywoodシリーズ9としてリリースされたダッジチャレンジャーとクライスラー300です。実のところ物語終盤の佳境に入るちょっと手前で登場する、出番は決して多くない車たちです。Greenlightの有り型で作れるから作ったに過ぎないのでしょう。
『ブレイキング・バッド』で最も活躍した車と言えば前回のバウンダーとウォルターのポンティアック・アズテック(SUV風ファミリーカーです。史上最も醜い車らしい!)、ジェシーのトヨタ・ターセル(スプリンターカリブ)なのですがアズテックとターセルも新規金型でミニカー作ってくれるんでしょうか!?

とはいえこのチャレンジャーとクライスラー300、ウォルターが守勢から攻勢に転じる一瞬の間隙に登場した小道具として大変印象深いです。

1007_BB02_20.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Chrysler 300 SRT-8 Breaking Bad
グリーンライト 1/64
2012年式クライスラー300 SRT-8
ブレイキング・バッド

1007_BB02_12.jpg
1007_BB02_13.jpg
1007_BB02_14.jpg
1007_BB02_15.jpg
1007_BB02_16.jpg
1007_BB02_17.jpg
1007_BB02_18.jpg
1007_BB02_19.jpg

シリーズ最強の敵を倒して小康を得たある日、ウォルターはそれまで乗ってきたアズテックをタダ同然の値段で売却します。ガタは来てても長年生活必需品の足車として大事に乗ってきた、また一連の悪事の犯行車両として数々の危険を共にしたアズテックを呆気なく手放してしまうのです。
そして体に障害を持つ高校生の息子にチャレンジャーを与え、自分はクライスラー300に乗り換えます。もちろんメスで稼いだお金でです。国税局に目を付けられるのを恐れてリース車にしたのですがそれでも安くはなかったでしょう。
これが契機だったかのようにこの後ウォルターは羽目を外した荒稼ぎに入り、物語はクライマックスに突入していきます。
並み居る悪党相手におっかなびっくりで悪事を働いてきたウォルターが一転、欲しいもの全てを手に入れんと積極的に動き出す。野心を露にし悪の才能を本気で開花させる。その変化がファミリーカーのアズテックからチョイ悪なスポーツカーのクライスラー300への乗り換えで物凄く浮き彫りになっていました。

1007_BB02_02.jpg
日本だったらクラウン・アスリートでしょうか?


1007_BB02_21.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Dodge Challenger SRT-8 Breaking Bad
グリーンライト 1/64
2012年式ダッジ・チャレンジャー SRT-8
ブレイキング・バッド
 
1007_BB02_04.jpg
1007_BB02_05.jpg
1007_BB02_06.jpg
1007_BB02_07.jpg
1007_BB02_08.jpg
1007_BB02_09.jpg
1007_BB02_10.jpg
1007_BB02_11.jpg

では脇目も振らず荒稼ぎに入ったのかというとそうでもなく、この時期のウォルターは強敵との戦いから解放されて脱力気味でした。逆にしばらく忘れていた肺ガンのことが気になったりする。そして手元にはここまでの悪事で稼いだ小金が残っていました。
そんな解放感と不安の狭間で、いつまで寄り添ってやれるかわからない息子にこの際最新のスポーツカーを与えてやろう、ついでに自分も今まで縁のなかったスポーツカーに乗ってみようと思ったわけですね。2台のスポーツカーで表現されたあまりに悲しい親心・男心でした。

今回の2台のミニカー、主役級とは言いかねる車を有り型で作ったとはいえ心の琴線に触れるセレクションでした。
『ブレイキング・バッド』はカースタントが売り物の作品ではありませんし出てくる車種も地味な実用車が多いのですが、登場人物の心情が車を通して描かれた名場面が多いです。さすがアメリカです。
日本も都心在住ならいざ知らずちょっと郊外に出ればクルマ社会ですから、国内ドラマでも車をもっと有機的に演出に活かせないものかと思います。派手なスタントで壊さなくても生活のパートナー感をもっと出せば人物描写に深みが出るのではないかと。

1007_BB02_03.jpg
フリンはパパのくれたチャレンジャーを
喜んで乗り回していたのですが、
それだけにその後辛い思いをしただろうと
胸が痛みます。



最後の最後はネタバレで締めくくらせていただきます。↓↓↓続きを読む
posted by 片羽國雄 at 13:38| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

『ブレイキング・バッド』(前編)〜幻のクリスタルシップ〜

3か月ぶりです。エレノアに引き続いてGREENLIGHT回です。
今回お披露目するのは『ブレイキング・バッド』のクルマたちです。

1006BB_bounder01.jpg

『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)は2008年〜2013年に制作されたアメリカ合衆国のテレビドラマです。

舞台はアメリカ南西部ニューメキシコ州、国境の街アルバカーキ市
主人公ウォルター高校の化学教師ですが低収入で仕事に喜びもなく、家に帰れば次女を妊娠中のヒステリックな妻と体に障害を持つ高校生の長男を抱えて生活に追われています。
そんなある日ウォルターは末期の肺がんで余命3ヶ月と診断されます。もう50歳ですしさほど取り乱すでもなく宣告を受け入れるウォルターですが、家族にはいくばくかのお金を残してやりたいと考えます。
ウォルターが選んだ道はなんと違法薬物“メス”(メタンフェタミン。覚せい剤の一種)を作って売ること。化学の専門家ですから製造は容易です。昔の教え子でドラッグディーラーのジェシーを相棒にして原料調達や販売を任せ、2人でキャンピングカーに機材を積み人気ない荒野に出かけては高純度のメスを作ります。

ここでミニカーのお披露目。
1016BB_bounder05.jpg
1016BB_bounder06.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
ROUTE 66
1986 FLEETWOOD BOUNDER
グリーンライト 1:64スケール
ルート66
フリートウッド・バウンダー


1016BB_bounder07.jpg
1016BB_bounder08.jpg
1016BB_bounder09.jpg
1016BB_bounder10.jpg
1016BB_bounder11.jpg
1016BB_bounder12.jpg
1016BB_bounder15.jpg
日本では8月発売だったようですがトイザらスやTamTamで見かけることはなく、通販で購入したのですが……………………やってもうた。執筆疲れか。


1016BB_bounder04.jpg
片羽「グリーンライト バウンダー」で検索してお買い物したのですが「ルート66」の文字を見落としていました。これHollywoodシリーズの『ブレイキング・バッド』のバウンダーじゃありません。「ルート66」シリーズ(GLのHPにないけどContryRoadと同様の田舎の車シリーズ)の同車種です。


1016BB_bounder13.jpg
1016BB_bounder14.jpg
しかし車体前方3箇所に小さな「Bounder」のロゴが入っているだけで基本同じカラースキーム。ブリスターで飾るならHollywoodシリーズの方じゃなきゃ駄目なんでしょうが片羽は開封派だし、ここは黒いファイヤーバードをナイト2000に見立てるようなものと思ってご勘弁ください。


1016BB_bounder16.jpg
乗用車との対比。大きいです。さすがアメリカ。

1016BB_bounder17.jpg
日本車と比べるとなおデカい。

1016BB_bounder18.jpg
ダッジバンと比べてもこのデカさ。

気を取り直してバウンダーの説明。
ウォルターとジェシーがメス製造に使うキャンピングカーです。さすがアメリカというべき犯罪態様なのですがキャンピングカーに機材と原料を積んで荒野に乗り入れ、人気ない場所で違法薬物を作るというのです。そこで車が壊れれば死を意味するほどの本っ当に人気ない場所。日本ではちょっとありえないですね……


1006BB_bounder03.jpg
当ブログのヘッダー画像と合成。少しの違和感もありませんね。
ドラマの中でもこんな砂漠の真ん中(小屋すらなし!)で作業してました。
この環境、片羽だったらスプレー全開でプラモの塗装をします。ザッツ合法!


1006BB_bounder02.jpg
ほのぼのとした日本の田園風景には無理ありますね。
これで移動しながら悪事を働いてたら福岡県警ぜったい気付く。


2人の作るメスの外見的特徴にちなんだ"Crystal Ship"というクールな愛称もありますがこの車の生前には登場しません。
この車の末路も涙なしには見られない名場面。是非とも本編をご覧ください。


さて子供たちが成人するまでに必要な金額だけを稼いで速やかにメス密造から手を引くつもりのウォルターでしたが、大口の取引をしようと思えばギャングを相手にするほかありません。
商談の相手は常にウォルターのメスをタダ取りしようと狙ってきますし販路を拡大しようと思えば商売敵との抗争が発生し、殺人を含むトラブルが日常茶飯事でその対処にせっかく稼いだお金も端から消えていってしまいます。
そのうちに秘密にしていた末期がんも家族に知られ、どちらかと言えば医療費を使わず死んでいきたかったウォルターでしたが妻の懇願に折れて治療を決意。高額の医療費を工面するため一層メスの大量生産に励まなくてはならなくなったのでした。

1016BB_police01.jpg
1016BB_police02.jpg
1016BB_bounder19.jpg
1016BB_police03.jpg
1016BB_police04.jpg
1016BB_police05.jpg
1016BB_police06.jpg
1016BB_police07.jpg
1016BB_police08.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Dodge Charger
Albuquerque, New Mexico
グリーンライト 1/64
2012年式ダッジ・チャージャー
ニューメキシコ州アルバカーキ市警

助演はHOT PURSUITシリーズ16よりアルバカーキ市警のパトカーでした。Hollywoodシリーズをしれっと援護射撃。机の上のウォルターごっこにも一層気合が入るというもの。素晴らしい商品展開です!


以上シリーズ序盤のあらすじです。この後ものすごく状況が変わっていきますが今回本当にネタバレしたくないので中盤以降のストーリーはミニカーに関係する部分だけ触れて行きますね。(後編へ続く)
posted by 片羽國雄 at 00:31| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

1/43 エレノア  〜『バニシングin60″』〜

0626eleanor_00.jpg

超久々のミニカー記事です。
V8を称えて景気よく行きましょう!V8!V8!

0626eleanor_01.jpg
グリーンライト
1/43 エレノア(1973年型フォード・マスタング・マッハ1)
Greenlight 1/43 1973 Ford Mustang Mach 1 "Eleanor"



というわけで今回お披露目するのはブルーディスティニーよりもフェラーリF92Aよりもさらに以前の片羽心のマシン、Greenlight1/43スケール「エレノア」です。
Eleanorが何のことかわからない方のために説明いたしますと1974年公開のアメリカ映画『バニシングin60″』(原題:GONE IN 60 SECONDS)に登場し数十台のパトカー相手に壮絶な逃走劇を演じた黄色のフォード・マスタングです。

0626eleanor_02.jpg
0626eleanor_03.jpg
0626eleanor_04.jpg
日本での発売は昨年11月でした。
3,000円弱だったかと。


『バニシングin60″』Wikipedia


『バニシングin60″』という映画、片羽が初めて観たのは中学生の頃『月曜ロードショー』でだったのですがこの作品と出会ったばかりに片羽は映画ファンになり、また同時にミニカー片手に自分が主人公の冒険活劇を妄想する中二病患者と化して今に至るという個人的に記念すべき一本です。

0626eleanor_05.jpg
0626eleanor_06.jpg
0626eleanor_07.jpg
0626eleanor_08.jpg
前後左右。
パッと見ボッテリしたプロポーションに見えましたが
こうやってガン見するとそう悪くない不思議。
映画用に原車マッハ1からあちこち変更してありますので
このあと各部を見て行きましょう。


舞台はカリフォルニア。主人公ペースは表向き自動車保険の調査員ですが実は凄腕の自動車窃盗団の頭目です。ペース一味にかかるとどんな車も60秒で盗まれて中古市場に売り飛ばされてしまいます。
ある日ペース一味に南米の大富豪から大仕事の依頼が入ります。一週間で高級車48台を盗んで揃えてくれというのです。無理めの期日と台数にペース一味は東奔西走して車を盗みまくります。

0626eleanor_09.jpg
フロントマスク。
オリジナルのマッハ1と少し違う面構え。
チンスポイラーはありません。


0626eleanor_10.jpg
ボンネットには特徴的な黒のストライプ。海苔のようです。
両脇のノブ(?)はモールドがなく丸い塗装だけです。残念。
マッハ1と違ってエアスクープはありません。


そのうち盗んだ車の一台から大量の麻薬が出てきます。ペースはトラブルは御免と麻薬を車ごと焼却してしまうのですが、麻薬を売りたがっていた仲間はペースを恨んで自動車窃盗の情報を警察に密告します。
折しも48台の大仕事の最後の一台、仲間内の符牒で「エレノア」と呼んで狙いをつけていた黄色のマスタングを盗み出すペースですが、現場には密告により覆面パトカーが張り込んでいました。

0626eleanor_11.jpg
タイヤはこんな感じ。
最後の大ジャンプ前のフルブレーキングで
大写しになる左フロントです。
私はこの映画でグッドイヤーという企業の存在を知りました。


0626eleanor_12.jpg
リヤエンド。
「ナンバーはカリフォルニア、614-HSO」ですね
上半分まで黒く塗ってあるのが本車最大の特徴。
黒い部分は長年別パネルかと思っていましたが
DVD見直したらどうも塗ってあるだけのようでした。
リヤスポイラーは無し。チンスポイラーもですが
ダメージ表現を施す上でボロリともげる
スポイラー類は邪魔だったんでしょうね。


ペースはエレノアを急発進させ覆面パトカーを押しのけて逃走を開始します。数十台のパトカーが群れをなして追いすがりあるいは立ちふさがる中、傷だらけになって走り続けるエレノア。果たしてペースの運命やいかに。

0626eleanor_21.jpg
傷だらけにも限度ってあるやろ。



0626eleanor_14.jpg
0626eleanor_15.jpg
0626eleanor_16.jpg
0626eleanor_17.jpg
ミニチャンプスのマッハ1との比較。
フロントマスクとボンネットとリヤエンドの
変更がよくわかります。
ミニカーとしてもプロポーションはそんなに
違わないのですが、エレノアはサイドの
ストライプがないので間延びして見えるのかも
知れませんね。
あとミニチャンプスの前輪がちょっと沈んでいるので……


………と『バニシングin60″』のあらすじを説明するとこんな感じでカーアクション映画の金字塔とされているのですが、映画としては極めて特異な作りで脚本ははっきり言って欠陥品です。
90分の尺の後半はまるまるエレノアがパトカー軍団に追われ続けるドキュメンタリータッチのカースタント映像で起承転結の構成を大きく逸脱しており、登場人物の掘り下げは全編を通じて希薄で変化も成長もありません。
ネタバレ込みで言ってしまえば
「自動車泥棒が警察に追いかけられたけど逃げ切りました」
ただそれだけのお話なのです。こんな話どこのシナリオ教室の初級クラスに持って行っても先生に怒られます。映画として冷静に評価するなら30点。

0626eleanor_13.jpg
このミニカーを手に取られた方は全員同感だと思われますが
エレノアってこんな色でしたっけ?
京商1/64と比べると………弁護できんわこりゃ。
ミニチャンプスやオートアートや京商のマッハ1の黄色を
長年見慣れていたから違和感が生じるのかも知れませんが、
DVDの画面をどう見てもやはりもうちょっと
オレンジイエローのような気がします。
再販や1/18や1/64での修正に期待しましょう!
(いやーやってくれると信じてますよ)


だけど、100点。
新車を含む100台近い車を堂々の市街地ロケで華麗に走らせ容赦なく壊すサービス精神が貧弱すぎるストーリーを補って「大いに許せる」作品に仕上がっているのです。そもそも車好きの監督が私費を投じ、ハナっからカースタントを見せるためにこしらえた映画ですから尺の半分がカーチェイスで何ら問題ありません。

0626eleanor_18.jpg
先輩『ブリット』の1968年型マスタング(ミニチャンプス製)と。
片や刑事の愛車、片や凶状持ちの盗難車。


0626eleanor_19.jpg
『ブルース・ブラザース』のブルースモビル(コーギー製)と。
衆を恃んで襲い来る警察をものともせず走り抜いた両雄に
中学生の片羽は不屈の魂というものを教えられたのです。


人物描写も深くはありませんが前半で主人公ペースが車のプロで犯罪にも独自のポリシーを持つスマートな男であることは描かれており最低限の感情移入は可能です。だって後半を観ながら「逃げろ!逃げろ!ああ〜ぶつかっちゃったよ!」って普通にハラハラドキドキできますもん(ただし前半の人物描写があと一匙足りなかったら本当に単なるカースタントショー映像に堕していたかも知れないとは思います)。
構成や人物描写が常識的に行なわれたリメイク作『60セカンズ』がなんだか堅苦しかったことを考えると『バニシングin60″』の魅力は破綻寸前の際立った個性だったんでしょうね。

0626eleanor_20.jpg
1978年型ダッジ・モナコ ポリスカー
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール(NEO製)と。
冒頭の特撮写真に登場してもらったのですが
年式的に無理がありました。もっと言えば劇中で追跡の主力は
CHPよりもLAPDだったような。
LAPDのミニカーは意外と見かけないのでこれもGreenLigntに
期待しましょう。


映画というものをマスで売りたければ『バニシングin60″』の制作スタンスを真似してはいけないとはわかっているのですが、一本で良いからこういう風に自分の趣味嗜好を貫いた作品を作って結果適当に売れて適当に後世まで語り継がれたら物凄い幸福だろうなと思います。
posted by 片羽國雄 at 17:11| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする