2017年10月08日

旧NYPDのプリムス・フューリー

1008nymonaco00.jpg

数年にわたり追い続けてきたGREENLIGHTのHOT PURSUITシリーズですがついに小生の本命の車、タテ目のプリムス・フューリーならびにダッジ・モナコの登場です。いやー長生きはしてみるもんですね。

1008nymonaco01.jpg
1008nymonaco02.jpg
Hot Pursuit Series 24
1:64th Scale
1977 Plymouth Fury
New York City Police Dept (NYPD)
ホットパーシュート シリーズ24
1/64スケール
1977年型プリムス・フューリー
ニューヨーク市警


1008nymonaco05.jpg
1008nymonaco06.jpg
1008nymonaco03.jpg
1008nymonaco04.jpg
1008nymonaco07.jpg
1008nymonaco09.jpg
1008nymonaco11.jpg
1008nymonaco10.jpg
1008nymonaco12.jpg

もう3年も前になりますか「NYPD祭!」の時に現行のホワイトボディばかりでなく旧式のブルー&ホワイトも出してくれとグリーンライトに向けて念を送っていたのですが、まあ途中マスタングは出たもののグリーンライトのラインナップに適切な年式のセダンタイプがなかったものでもう出ないかとあきらめておりました。
NYPDのパトカーは1970年代中期から1990年代末までブルー&ホワイトのカラーリングで、片羽のようなオッサンにとっては子供時代から学生時代までニューヨークが舞台の映画を観れば必ず出てくる“青いパトカー”は異国情緒と力強さと日本警察にないオシャレさを感じさせられる憧れの対象でした。まあ子供の頃はアメリカのパトカーが全部この色だと誤解していたりもしましたが昔の話です。
1008nymonaco13.jpg
片羽の独断と偏見ではブルー&ホワイトがこれぞ文明の砦ニューヨーク!というぶっちぎりの格好よさなんですが、このツートン塗装は凝ってる分だけお金がかかりました。市警で用廃になった車をタクシー会社などに払い下げるにも全塗装が必要でまたお金がかかります。1990年代に就任したジュリアーニ市長はこのコストを見逃さず“事業仕分け”してしまいました。ホワイト単色ボディにマーキングなら安上がりで、用廃後のタクシー化もホワイトの上からイエローを塗れるわけです。
自治体のコストダウンのためならまあ仕方ないのでしょう。現行のホワイトボディ車も見慣れれば大きな「NYPD」のロゴのおかげで威厳はあると思います。だけど寂しくはありますね。

1008nymonaco08.jpg
タテ目セダンの同志。
トミカ・リミテッド・ヴィンテージのマツダ・ルーチェ・レガートと。

一方種車のプリムス・フューリーですがこちらも子供時代から学生時代に観た映画によく登場しました。アクション映画に主にパトカーとして登場しては景気よく壊れていく役どころの、マツダ・ルーチェみたいなタテ目のセダンは何じゃろなと思っていたらダッジ・モナコという名前に行き着いて、兄弟車でプリムス・フューリーというのもあるらしいという感じでしたね。
1008nymonaco14.jpg
『ブルース・ブラザース』でおなじみ先代ダッジ・モナコと。
代替わりと共にコンパクト化したと記憶していましたが実はそうでもないですね。


プリムス・フューリー/ダッジ・モナコで瞼閉じれば思い出すのはまず『ターミネーター』の前半でLAPD車を強奪したT-800がショットガンをボカンボカン発砲しながらリースとサラのキャデラック・エルドラドを追ってくるいわゆる“Garage Chase”のシーン(グリーンライトはやってくれるそうです!)。次いで『ブルーサンダー』ではLAPD(もどきの)車が橋の上にいたらブルーサンダーのバルカン砲に撃たれて真っ二つ。
ドラマ『パトカー・アダム30』(原題T.J.Hooker)では主人公チームはダッジ・セントレジスのパトカーに乗ってるのにクラッシュしていくのはダッジ・モナコばかりだったと記憶しています(イマイチ自信なし)。『ナイトライダー』『エアーウルフ』『マイアミ・バイス』あたりでもそろそろ旧車化していたのかよく破壊されていました。
思い出せる場面はものの見事にクラッシュシーンばかりですね。『西部警察』の230セドリック的な存在だったのでしょうけどヒーロー達の活躍の陰で地味に戦い派手にスクラップ化していった彼らの献身、人類は忘れてはならないと思います。

1008nymonaco16.jpg
年式的に対戦相手となりそうな連中とと並べてみました。
ファイヤーバード、マスタング、ダッジバン、チャレンジャー。


1008nymonaco17.jpg
NEOの1/43と。

1008nymonaco15.jpg
年式的には嘘なのですがスレード中佐のモンディアルと。


1008nymonaco18.jpg
1008nymonaco19.jpg
トミカ外国車シリーズのダッジ・コロネットカスタム・ポリスカーと。
スケールは1/76。41年前の製品ですが良く特徴を捉えてます。
トミーテックさんもどうですか、TLVでダッジ・モナコ。


どうやらグリーンライト的にはこのプリムス・フューリー/ダッジ・モナコ系、物凄く気合の入った企画のようで先ほども触れましたが『ターミネーター』のLAPD車をHOLLYWOODシリーズの1/64と1/18で出してくれるそうです。今回まだ入手していませんが同系ボディのダッジ・コロネットのCHPも出ていますしHot PursuitやHollywoodシリーズに複数のアイテムが予定されています。今後が物凄く楽しみですね。
あとHOT PURSUITシリーズではどういうわけか1アイテムも出ていないLAPDをHollywoodシリーズで劇中車としてフォローしてくれるのかな?と邪推もしてみたり。正直そろそろ飽き始めていたグリーンライト収集に爽やかな新風が吹いた秋でした。片羽國雄はこれからもグリーンライトを応援します!
posted by 片羽國雄 at 12:36| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

『マッドマックス』のインターセプター

長らくご無沙汰いたしております。片羽國雄、生存しております。いやシナリオは成果ゼロでも延々書き続けグリーンライトも気に入りの車が出る度買い続けていたのですよ。しかしまあ諸般の事情と思うところもございましてブログからは暴言女性議員のごとく姿を隠しておりました。しかしまあまだ書きたい物語もありますのでこれからも不倫重婚議員のごとく生き恥さらして参りたいと思いますので一つよろしくお願いいたします。

0811madmax01.jpg

というわけで相も変わらず修羅の国・福岡よりお送りする『片羽國雄の執筆室より』。復帰一発目は炎暑の候にふさわしく映画『マッドマックス』の主人公車・インターセプターです。……いや正しくは1973年型フォードファルコンXBです。

0811madmax02.jpg
GREENLIGHT Hollywood Series 17
Last of the V8 Interceptors (1979)
1973 Ford Falcon XB(Scale 1/64)
グリーンライト ハリウッド シリーズ17
『ラスト・オブ・ザ・V8インターセプター』
1973年型フォード・ファルコンXB(スケール1/64)


0811madmax03.jpg
0811madmax08.jpg
0811madmax09.jpg

え、どこにも『MAD MAX』の表記ないじゃないかですって?……まあ版権問題がゴチャゴチャしてたらしく何もオモチャ出なかった作品ですから今回も色々あったんだろうと思います。過去に出たインターセプターのミニカーもプラモも全部増設燃タン背負った『マッドマックス2』仕様でしたからね。こんな形であれ1作目仕様の本来の姿のインターセプターが手に入るだけ感謝しなくてはというものです。
それにしても“Last of the V8 Interceptors”は末尾が複数形ですが黄色のパーシュートとインター、ナイトライダーのホールデン、はたまたレッカー車やバイク組……期待していいんですよね?

0811madmax04.jpg
0811madmax05.jpg
0811madmax06.jpg
0811madmax07.jpg
車高は“レイザーコーラ”のように高めです。
が、現物を部屋で眺める分には全く気になりませんぞ。

まず必要ないとは思いますが作品解説。『マッドマックス』は1979年制作、メル・ギブソン主演、ジョージ・ミラー監督のオーストラリア映画で、『マッド・マックス2』(1981年)、『マッドマックス3/サンダードーム』(1985年)、とシリーズを重ね、文明崩壊後の世界観、独特の狂気と暴力の描写、そしてスピード感重視のカーアクションで一世を風靡し『北斗の拳』ほか多くの創作物に多大な影響を与えました。2015年のリブート作品『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も記憶に新しいところです。

ストーリーもかいつまんで説明しますと
『マッドマックス』…スピード狂の警官マックスが同僚や家族を殺した暴走族に復讐する。
『マッドマックス2』…文明崩壊後の世界。一人放浪の旅を続けるマックスが油田の村の人々を守るため暴走族と戦う。
『マッドマックス3/サンダードーム』…荒野の交易都市の支配者と争って敗れたマックスは孤児たちに助けられ行動を共にするうち交易都市を壊滅させる。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』…マックスは水源都市の支配者に捕らえられるが都市の反乱分子と共に逃走、共闘の末支配者を打倒する。

0811madmax10.jpg
0811madmax11.jpg
0811madmax12.jpg
0811madmax13.jpg
フロント周り。
ライトも過給機もこのスケールとしては気合入ってます。
ところでこのボンネット見て「おや?」と思ったら

0811madmax14.jpg
マスタング・マッハ1と同じ形状でした。
全体のフォルムも良く似てます。
というか兄弟車ですもんね。


物語としてはこんなところなんですが、今回のインターセプターという車がどこで活躍したかというとまず1作目で主人公マックスの所属する警察が独自に製作した高速追跡用のスーパーパトカーとして登場しその後妻子を失い復讐鬼と化したマックスが勝手に持ち出して暴走族をやっつけます。
次いで『2』の冒頭部分で物資を狙って追ってくる賊の車を激しい体当たりで潰します。ここがこの車の白眉です。その後物語中盤で賊に逆襲されてマックスに自爆させられて果てます。なので『3』には登場しません。
『怒りのデス・ロード』は1作目と同一個体とも『3』の後マックスが全く同じ仕様の車を製作したとも言われますがとにかく冒頭で登場しこれが『マッドマックス』シリーズなんだよということを観客に明示しますが直後の賊の襲撃であえなく大破、そして賊の手で改修されマックスの敵になり激闘の末粉々になります。

0811madmax15.jpg
左右8本出しのマフラー。
遊ぶ派の人は破損注意です。

0811madmax16.jpg
フロントフェンダーのMFPエンブレム。

0811madmax17.jpg
リヤ周り接写。
車というより兵器的な凄みがたまりません。

こう書くと結構な情報量で大活躍っぽく聞こえますが言い換えちゃうと実のところ1作目ではバイク5、6台をチキンレースで転倒させただけでトゥーカッターは自滅。『2』では冒頭のチェイスこそ派手だったけど中盤で自爆して後半は別の車に持ってかれるし『3』には出てこない。『怒りのデス・ロード』だって序盤あっけなくやられてしまい頑張るのは賊に奪われ改造された後。この車、凄みたっぷりの外見でシリーズを象徴するアイコンになっているけど実は登場時間は短く物語の要所で目ざましい活躍をしたわけでもありません
あえて言おう!見かけ倒しであると!

0811madmax18.jpg
ターボ過給機と言えば『ワイルド・スピード』の
ドミニクのダッジ・チャージャー。
というかドミニクは前が見えてるのか
心配になりますね……

0811madmax19.jpg
デロリアンとナイト2000を両脇に侍らせて。
洋画に出てくる改造車ベスト3が夢の揃い踏み。

0811madmax20.jpg
サイズ対照用に色々と並べてみました。
『マッドマックス』を見た当時豪州車って
アメ車より小さいんじゃ……?という印象を
受けましたが全然そんなことなかったと
今回判明。マッハ1やファイヤーバードより
ワイドでブルース・モビル(74年型ダッジ・
モナコ)と同じぐらいのサイズ感です。この
面子だとマツダ・ロードスターがまるで子供
用です……

………スンマセン。全国3000万人の『マッドマックス』ファンを敵に回した感じしますがここからが本題です。どうか最後まで聞いていただきたい。

時は1980年代。冷戦たけなわで全面核戦争という事態に今の北朝鮮問題程度の現実味があり十数年後にはノストラダムスの大予言だって現実化するはずで、当時の少年たちは自分が大人になる頃世の中絶対『マッドマックス2』や『北斗の拳』みたくなると信じてました。
そんな少年たちが脳内妄想したのは荒野を孤独に旅して悪党をしばき倒す自分。その傍らには必ずターボ過給機をボンネットから突き出したスポーツカーがいました。悪党にショットガンや北斗神拳でとどめを刺す前段階として族車の大群とのカーバトルは欠かせませんでした。
つまり『マッドマックス』シリーズ本編におけるインターセプターの活躍の物足りなさ、もっと言えばインターセプター飢餓感が少年たちの脳内インターセプターを育て上げて大活躍させ、ひるがえって映画本編のインターセプターを神格化させることになったのだと思います。もしこの車が『バニシングin60』のエレノア並みに映画本編中で無双してたら、それで少年たちは満腹になってしまい荒野を旅する夢なんか見なかったでしょう。
あえて言おう!インターセプターは単に映画『マッドマックス』の劇用車じゃない!僕らが脳内の荒野で育て上げた僕らの車なんだ!

0811madmax21.jpg
0811madmax22.jpg
脳内妄想の例。
LDゲーム『ロードブラスター』(データイースト/1985年)
赤い偽インターセプターが暴走族の大群相手に無双!
僕らこういう『マッドマックス』も観てみたかったですよ。

だからこのミニカーも『怒りのデス・ロード』の洗練されたイメージで飾り物にするのではなく、ブリスター開けて他車とガンガン絡ませて映画本編では描かれなかった大活躍を“再現”してやるのが正しい楽しみ方だと言えましょう。
うむ、片羽もこのミニカーで脳内妄想の荒野こそがシナリオライターとしての原点だったと思い出しました。頑張りますので皆様今後ともよろしくお願いいたします。

0811madmax99.jpg

『ロードブラスター』風味も加えてインターセプター大活躍させてみましたの図。
当時みんな脳内でこれぐらい盛ってました。……盛ってましたよね!?
posted by 片羽國雄 at 21:06| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする