2017年08月13日

『マッドマックス』のインターセプター

長らくご無沙汰いたしております。片羽國雄、生存しております。いやシナリオは成果ゼロでも延々書き続けグリーンライトも気に入りの車が出る度買い続けていたのですよ。しかしまあ諸般の事情と思うところもございましてブログからは暴言女性議員のごとく姿を隠しておりました。しかしまあまだ書きたい物語もありますのでこれからも不倫重婚議員のごとく生き恥さらして参りたいと思いますので一つよろしくお願いいたします。

0811madmax01.jpg

というわけで相も変わらず修羅の国・福岡よりお送りする『片羽國雄の執筆室より』。復帰一発目は炎暑の候にふさわしく映画『マッドマックス』の主人公車・インターセプターです。……いや正しくは1973年型フォードファルコンXBです。

0811madmax02.jpg
GREENLIGHT Hollywood Series 17
Last of the V8 Interceptors (1979)
1973 Ford Falcon XB(Scale 1/64)
グリーンライト ハリウッド シリーズ17
『ラスト・オブ・ザ・V8インターセプター』
1973年型フォード・ファルコンXB(スケール1/64)


0811madmax03.jpg
0811madmax08.jpg
0811madmax09.jpg

え、どこにも『MAD MAX』の表記ないじゃないかですって?……まあ版権問題がゴチャゴチャしてたらしく何もオモチャ出なかった作品ですから今回も色々あったんだろうと思います。過去に出たインターセプターのミニカーもプラモも全部増設燃タン背負った『マッドマックス2』仕様でしたからね。こんな形であれ1作目仕様の本来の姿のインターセプターが手に入るだけ感謝しなくてはというものです。
それにしても“Last of the V8 Interceptors”は末尾が複数形ですが黄色のパーシュートとインター、ナイトライダーのホールデン、はたまたレッカー車やバイク組……期待していいんですよね?

0811madmax04.jpg
0811madmax05.jpg
0811madmax06.jpg
0811madmax07.jpg
車高は“レイザーコーラ”のように高めです。
が、現物を部屋で眺める分には全く気になりませんぞ。

まず必要ないとは思いますが作品解説。『マッドマックス』は1979年制作、メル・ギブソン主演、ジョージ・ミラー監督のオーストラリア映画で、『マッド・マックス2』(1981年)、『マッドマックス3/サンダードーム』(1985年)、とシリーズを重ね、文明崩壊後の世界観、独特の狂気と暴力の描写、そしてスピード感重視のカーアクションで一世を風靡し『北斗の拳』ほか多くの創作物に多大な影響を与えました。2015年のリブート作品『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も記憶に新しいところです。

ストーリーもかいつまんで説明しますと
『マッドマックス』…スピード狂の警官マックスが同僚や家族を殺した暴走族に復讐する。
『マッドマックス2』…文明崩壊後の世界。一人放浪の旅を続けるマックスが油田の村の人々を守るため暴走族と戦う。
『マッドマックス3/サンダードーム』…荒野の交易都市の支配者と争って敗れたマックスは孤児たちに助けられ行動を共にするうち交易都市を壊滅させる。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』…マックスは水源都市の支配者に捕らえられるが都市の反乱分子と共に逃走、共闘の末支配者を打倒する。

0811madmax10.jpg
0811madmax11.jpg
0811madmax12.jpg
0811madmax13.jpg
フロント周り。
ライトも過給機もこのスケールとしては気合入ってます。
ところでこのボンネット見て「おや?」と思ったら

0811madmax14.jpg
マスタング・マッハ1と同じ形状でした。
全体のフォルムも良く似てます。
というか兄弟車ですもんね。


物語としてはこんなところなんですが、今回のインターセプターという車がどこで活躍したかというとまず1作目で主人公マックスの所属する警察が独自に製作した高速追跡用のスーパーパトカーとして登場しその後妻子を失い復讐鬼と化したマックスが勝手に持ち出して暴走族をやっつけます。
次いで『2』の冒頭部分で物資を狙って追ってくる賊の車を激しい体当たりで潰します。ここがこの車の白眉です。その後物語中盤で賊に逆襲されてマックスに自爆させられて果てます。なので『3』には登場しません。
『怒りのデス・ロード』は1作目と同一個体とも『3』の後マックスが全く同じ仕様の車を製作したとも言われますがとにかく冒頭で登場しこれが『マッドマックス』シリーズなんだよということを観客に明示しますが直後の賊の襲撃であえなく大破、そして賊の手で改修されマックスの敵になり激闘の末粉々になります。

0811madmax15.jpg
左右8本出しのマフラー。
遊ぶ派の人は破損注意です。

0811madmax16.jpg
フロントフェンダーのMFPエンブレム。

0811madmax17.jpg
リヤ周り接写。
車というより兵器的な凄みがたまりません。

こう書くと結構な情報量で大活躍っぽく聞こえますが言い換えちゃうと実のところ1作目ではバイク5、6台をチキンレースで転倒させただけでトゥーカッターは自滅。『2』では冒頭のチェイスこそ派手だったけど中盤で自爆して後半は別の車に持ってかれるし『3』には出てこない。『怒りのデス・ロード』だって序盤あっけなくやられてしまい頑張るのは賊に奪われ改造された後。この車、凄みたっぷりの外見でシリーズを象徴するアイコンになっているけど実は登場時間は短く物語の要所で目ざましい活躍をしたわけでもありません
あえて言おう!見かけ倒しであると!

0811madmax18.jpg
ターボ過給機と言えば『ワイルド・スピード』の
ドミニクのダッジ・チャージャー。
というかドミニクは前が見えてるのか
心配になりますね……

0811madmax19.jpg
デロリアンとナイト2000を両脇に侍らせて。
洋画に出てくる改造車ベスト3が夢の揃い踏み。

0811madmax20.jpg
サイズ対照用に色々と並べてみました。
『マッドマックス』を見た当時豪州車って
アメ車より小さいんじゃ……?という印象を
受けましたが全然そんなことなかったと
今回判明。マッハ1やファイヤーバードより
ワイドでブルース・モビル(74年型ダッジ・
モナコ)と同じぐらいのサイズ感です。この
面子だとマツダ・ロードスターがまるで子供
用です……

………スンマセン。全国3000万人の『マッドマックス』ファンを敵に回した感じしますがここからが本題です。どうか最後まで聞いていただきたい。

時は1980年代。冷戦たけなわで全面核戦争という事態に今の北朝鮮問題程度の現実味があり十数年後にはノストラダムスの大予言だって現実化するはずで、当時の少年たちは自分が大人になる頃世の中絶対『マッドマックス2』や『北斗の拳』みたくなると信じてました。
そんな少年たちが脳内妄想したのは荒野を孤独に旅して悪党をしばき倒す自分。その傍らには必ずターボ過給機をボンネットから突き出したスポーツカーがいました。悪党にショットガンや北斗神拳でとどめを刺す前段階として族車の大群とのカーバトルは欠かせませんでした。
つまり『マッドマックス』シリーズ本編におけるインターセプターの活躍の物足りなさ、もっと言えばインターセプター飢餓感が少年たちの脳内インターセプターを育て上げて大活躍させ、ひるがえって映画本編のインターセプターを神格化させることになったのだと思います。もしこの車が『バニシングin60』のエレノア並みに映画本編中で無双してたら、それで少年たちは満腹になってしまい荒野を旅する夢なんか見なかったでしょう。
あえて言おう!インターセプターは単に映画『マッドマックス』の劇用車じゃない!僕らが脳内の荒野で育て上げた僕らの車なんだ!

0811madmax21.jpg
0811madmax22.jpg
脳内妄想の例。
LDゲーム『ロードブラスター』(データイースト/1985年)
赤い偽インターセプターが暴走族の大群相手に無双!
僕らこういう『マッドマックス』も観てみたかったですよ。

だからこのミニカーも『怒りのデス・ロード』の洗練されたイメージで飾り物にするのではなく、ブリスター開けて他車とガンガン絡ませて映画本編では描かれなかった大活躍を“再現”してやるのが正しい楽しみ方だと言えましょう。
うむ、片羽もこのミニカーで脳内妄想の荒野こそがシナリオライターとしての原点だったと思い出しました。頑張りますので皆様今後ともよろしくお願いいたします。

0811madmax99.jpg

『ロードブラスター』風味も加えてインターセプター大活躍させてみましたの図。
当時みんな脳内でこれぐらい盛ってました。……盛ってましたよね!?


posted by 片羽國雄 at 21:06| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

『ブレイキング・バッド』(後編)〜男がスポーツカーを買ってしまう日〜

1007_BB02_01.jpg

『ブレイキング・バッド』というドラマの新鮮さは刑事ものなら押収品、ギャングものでは商材といわゆるマクガフィンでしかない違法薬物そのもの、そして製造過程にスポットを当てた点にあると言えます。まあテレビは普通怖がってやらない題材ですしAMCはケーブルテレビだからやれたというだけの話なんでしょうけど。
禁制品とはいえ原料・設備を知恵と勇気で調達し、品質・数量をストイックに管理する“ものづくり”の楽しさ。そこがこのドラマの芯でありウォルターの行動原理にもなっています。重罪だとわかっている。散々怖い思いもする。そもそも生活のために仕方なく始めたことである。だけど製品が上手くできれば嬉しいし失敗すれば悲しい。いつしかお金儲けを超えて物を作ることそれ自体につい意地になってしまう。
真保裕一の『奪取』とか映画『戦場にかける橋』なんかでも描かれる心理ですが、人間誰しも多かれ少なかれそんな職人魂めいたこだわりの部分があって、ブラック企業に勤めて明日なき日々を送っていてもその日その日の仕事にはどうしても魂を込めてしまうものです(まあそんな魂も経営者に搾取されて格差拡大に貢献するだけなんで程々にしとくべきなんですが)
くれぐれもダメ、ゼッタイなんですが日本人ならばウォルターの真摯な“ものづくり”には非常に共感できると思います。

もう一つ。本作は意外にも社会派です。今のアメリカ人の貧困という状況が物語の前提にありまして、プール付きの一戸建てに住んで一見中流のウォルターは相当ギリギリの生活してて高校が休みの日は近所の洗車場でアルバイトしなくてはいけませんし、街中の人々がそんな飢渇寸前の状態で生きています。さらに高額医療費も経済難に拍車を掛けます。
そんな中羽振りが良いのは薬物の売人だけで、ウォルターが悪事に手を染めた最初のきっかけも街で高級車を乗り回す元教え子のジェシーがメスを密造していると偶然知ったからでした。
ウォルター&ジェシー以外にも薬物の売人や元締や殺し屋といった犯罪者が多数登場する本作ですが、各々に大切に思う家族が設定されており悪事の動機も家族を養うためだったのだと描き込まれています。正論で言えばダメ、ゼッタイなんですけど、じゃあ彼らを責めることができるのかという重い問いかけがそこにあります。

1007_BB02_22.jpg


重くなりましたが本題のミニカー2台。Greenlight Hollywoodシリーズ9としてリリースされたダッジチャレンジャーとクライスラー300です。実のところ物語終盤の佳境に入るちょっと手前で登場する、出番は決して多くない車たちです。Greenlightの有り型で作れるから作ったに過ぎないのでしょう。
『ブレイキング・バッド』で最も活躍した車と言えば前回のバウンダーとウォルターのポンティアック・アズテック(SUV風ファミリーカーです。史上最も醜い車らしい!)、ジェシーのトヨタ・ターセル(スプリンターカリブ)なのですがアズテックとターセルも新規金型でミニカー作ってくれるんでしょうか!?

とはいえこのチャレンジャーとクライスラー300、ウォルターが守勢から攻勢に転じる一瞬の間隙に登場した小道具として大変印象深いです。

1007_BB02_20.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Chrysler 300 SRT-8 Breaking Bad
グリーンライト 1/64
2012年式クライスラー300 SRT-8
ブレイキング・バッド

1007_BB02_12.jpg
1007_BB02_13.jpg
1007_BB02_14.jpg
1007_BB02_15.jpg
1007_BB02_16.jpg
1007_BB02_17.jpg
1007_BB02_18.jpg
1007_BB02_19.jpg

シリーズ最強の敵を倒して小康を得たある日、ウォルターはそれまで乗ってきたアズテックをタダ同然の値段で売却します。ガタは来てても長年生活必需品の足車として大事に乗ってきた、また一連の悪事の犯行車両として数々の危険を共にしたアズテックを呆気なく手放してしまうのです。
そして体に障害を持つ高校生の息子にチャレンジャーを与え、自分はクライスラー300に乗り換えます。もちろんメスで稼いだお金でです。国税局に目を付けられるのを恐れてリース車にしたのですがそれでも安くはなかったでしょう。
これが契機だったかのようにこの後ウォルターは羽目を外した荒稼ぎに入り、物語はクライマックスに突入していきます。
並み居る悪党相手におっかなびっくりで悪事を働いてきたウォルターが一転、欲しいもの全てを手に入れんと積極的に動き出す。野心を露にし悪の才能を本気で開花させる。その変化がファミリーカーのアズテックからチョイ悪なスポーツカーのクライスラー300への乗り換えで物凄く浮き彫りになっていました。

1007_BB02_02.jpg
日本だったらクラウン・アスリートでしょうか?


1007_BB02_21.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Dodge Challenger SRT-8 Breaking Bad
グリーンライト 1/64
2012年式ダッジ・チャレンジャー SRT-8
ブレイキング・バッド
 
1007_BB02_04.jpg
1007_BB02_05.jpg
1007_BB02_06.jpg
1007_BB02_07.jpg
1007_BB02_08.jpg
1007_BB02_09.jpg
1007_BB02_10.jpg
1007_BB02_11.jpg

では脇目も振らず荒稼ぎに入ったのかというとそうでもなく、この時期のウォルターは強敵との戦いから解放されて脱力気味でした。逆にしばらく忘れていた肺ガンのことが気になったりする。そして手元にはここまでの悪事で稼いだ小金が残っていました。
そんな解放感と不安の狭間で、いつまで寄り添ってやれるかわからない息子にこの際最新のスポーツカーを与えてやろう、ついでに自分も今まで縁のなかったスポーツカーに乗ってみようと思ったわけですね。2台のスポーツカーで表現されたあまりに悲しい親心・男心でした。

今回の2台のミニカー、主役級とは言いかねる車を有り型で作ったとはいえ心の琴線に触れるセレクションでした。
『ブレイキング・バッド』はカースタントが売り物の作品ではありませんし出てくる車種も地味な実用車が多いのですが、登場人物の心情が車を通して描かれた名場面が多いです。さすがアメリカです。
日本も都心在住ならいざ知らずちょっと郊外に出ればクルマ社会ですから、国内ドラマでも車をもっと有機的に演出に活かせないものかと思います。派手なスタントで壊さなくても生活のパートナー感をもっと出せば人物描写に深みが出るのではないかと。

1007_BB02_03.jpg
フリンはパパのくれたチャレンジャーを
喜んで乗り回していたのですが、
それだけにその後辛い思いをしただろうと
胸が痛みます。



最後の最後はネタバレで締めくくらせていただきます。↓↓↓続きを読む
posted by 片羽國雄 at 13:38| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

『ブレイキング・バッド』(前編)〜幻のクリスタルシップ〜

3か月ぶりです。エレノアに引き続いてGREENLIGHT回です。
今回お披露目するのは『ブレイキング・バッド』のクルマたちです。

1006BB_bounder01.jpg

『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)は2008年〜2013年に制作されたアメリカ合衆国のテレビドラマです。

舞台はアメリカ南西部ニューメキシコ州、国境の街アルバカーキ市
主人公ウォルター高校の化学教師ですが低収入で仕事に喜びもなく、家に帰れば次女を妊娠中のヒステリックな妻と体に障害を持つ高校生の長男を抱えて生活に追われています。
そんなある日ウォルターは末期の肺がんで余命3ヶ月と診断されます。もう50歳ですしさほど取り乱すでもなく宣告を受け入れるウォルターですが、家族にはいくばくかのお金を残してやりたいと考えます。
ウォルターが選んだ道はなんと違法薬物“メス”(メタンフェタミン。覚せい剤の一種)を作って売ること。化学の専門家ですから製造は容易です。昔の教え子でドラッグディーラーのジェシーを相棒にして原料調達や販売を任せ、2人でキャンピングカーに機材を積み人気ない荒野に出かけては高純度のメスを作ります。

ここでミニカーのお披露目。
1016BB_bounder05.jpg
1016BB_bounder06.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
ROUTE 66
1986 FLEETWOOD BOUNDER
グリーンライト 1:64スケール
ルート66
フリートウッド・バウンダー


1016BB_bounder07.jpg
1016BB_bounder08.jpg
1016BB_bounder09.jpg
1016BB_bounder10.jpg
1016BB_bounder11.jpg
1016BB_bounder12.jpg
1016BB_bounder15.jpg
日本では8月発売だったようですがトイザらスやTamTamで見かけることはなく、通販で購入したのですが……………………やってもうた。執筆疲れか。


1016BB_bounder04.jpg
片羽「グリーンライト バウンダー」で検索してお買い物したのですが「ルート66」の文字を見落としていました。これHollywoodシリーズの『ブレイキング・バッド』のバウンダーじゃありません。「ルート66」シリーズ(GLのHPにないけどContryRoadと同様の田舎の車シリーズ)の同車種です。


1016BB_bounder13.jpg
1016BB_bounder14.jpg
しかし車体前方3箇所に小さな「Bounder」のロゴが入っているだけで基本同じカラースキーム。ブリスターで飾るならHollywoodシリーズの方じゃなきゃ駄目なんでしょうが片羽は開封派だし、ここは黒いファイヤーバードをナイト2000に見立てるようなものと思ってご勘弁ください。


1016BB_bounder16.jpg
乗用車との対比。大きいです。さすがアメリカ。

1016BB_bounder17.jpg
日本車と比べるとなおデカい。

1016BB_bounder18.jpg
ダッジバンと比べてもこのデカさ。

気を取り直してバウンダーの説明。
ウォルターとジェシーがメス製造に使うキャンピングカーです。さすがアメリカというべき犯罪態様なのですがキャンピングカーに機材と原料を積んで荒野に乗り入れ、人気ない場所で違法薬物を作るというのです。そこで車が壊れれば死を意味するほどの本っ当に人気ない場所。日本ではちょっとありえないですね……


1006BB_bounder03.jpg
当ブログのヘッダー画像と合成。少しの違和感もありませんね。
ドラマの中でもこんな砂漠の真ん中(小屋すらなし!)で作業してました。
この環境、片羽だったらスプレー全開でプラモの塗装をします。ザッツ合法!


1006BB_bounder02.jpg
ほのぼのとした日本の田園風景には無理ありますね。
これで移動しながら悪事を働いてたら福岡県警ぜったい気付く。


2人の作るメスの外見的特徴にちなんだ"Crystal Ship"というクールな愛称もありますがこの車の生前には登場しません。
この車の末路も涙なしには見られない名場面。是非とも本編をご覧ください。


さて子供たちが成人するまでに必要な金額だけを稼いで速やかにメス密造から手を引くつもりのウォルターでしたが、大口の取引をしようと思えばギャングを相手にするほかありません。
商談の相手は常にウォルターのメスをタダ取りしようと狙ってきますし販路を拡大しようと思えば商売敵との抗争が発生し、殺人を含むトラブルが日常茶飯事でその対処にせっかく稼いだお金も端から消えていってしまいます。
そのうちに秘密にしていた末期がんも家族に知られ、どちらかと言えば医療費を使わず死んでいきたかったウォルターでしたが妻の懇願に折れて治療を決意。高額の医療費を工面するため一層メスの大量生産に励まなくてはならなくなったのでした。

1016BB_police01.jpg
1016BB_police02.jpg
1016BB_bounder19.jpg
1016BB_police03.jpg
1016BB_police04.jpg
1016BB_police05.jpg
1016BB_police06.jpg
1016BB_police07.jpg
1016BB_police08.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Dodge Charger
Albuquerque, New Mexico
グリーンライト 1/64
2012年式ダッジ・チャージャー
ニューメキシコ州アルバカーキ市警

助演はHOT PURSUITシリーズ16よりアルバカーキ市警のパトカーでした。Hollywoodシリーズをしれっと援護射撃。机の上のウォルターごっこにも一層気合が入るというもの。素晴らしい商品展開です!


以上シリーズ序盤のあらすじです。この後ものすごく状況が変わっていきますが今回本当にネタバレしたくないので中盤以降のストーリーはミニカーに関係する部分だけ触れて行きますね。(後編へ続く)
posted by 片羽國雄 at 00:31| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。