2018年12月31日

ターミネーターのパトカー(後編)

monaco18_00.jpg
片羽悲願のミニカー、映画『ターミネーター』でシュワが乗り回したパトカーを2回にわたって特集しております。

monaco18_06.jpg
前回は1/64でしたが今回は大スケール1/18。1/43もGreenLightの発売予定にラインナップされていましたが発売間に合わず見送りです。

monaco18_01.jpg
GreenLight 1:18 Artisan Collection
1977 Dodge Monaco Metropolitan Police
with 1:18 T-800 Endoskeleton Figure
The Terminator (1984)
グリーンライト・アルチザン・コレクション
1/18スケール
1977年式ダッジ・モナコ メトロポリタン・ポリス
with T-800 エンドスケルトン
映画『ターミネーター』(1984年)

大スケールなのでアオリ気味のアングルが決まりますねー!この威厳がアメリカンポリスの醍醐味ですよ。

monaco18_05.jpg
伸びやかなプロポーション。

monaco18_02.jpg
monaco18_03.jpg
なんとセクシーなリヤ周り。テールランプはもはや本物。
monaco18_07.jpg
パトランプは劇中通り断面が楕円形のタイプ。

monaco18_08.jpg
1/64にはなかったミラーがあります。右フェンダーにはアンテナも。

monaco18_11.jpg
車内再現も大スケールのお楽しみ。

monaco18_09.jpg
運転席細かく再現されています。
それにしてもこの車MT車だったのか!これでショットガン撃ちながら走るの大変だったでしょうね……

monaco18_25.jpg
運転席側もう一枚。コラムシフト付きのハンドル綺麗に再現されていますが、残念ながら前輪はステアしません。まあその分構造が単純で頑丈そうだからいいか。

monaco18_10.jpg
助手席側から。センターに無線機と手元灯ありますがショットガンとラックないですね。まあターミネーターは乗るや否や銃だけむしり取ってたからいいか。

monaco18_12.jpg
あまりお世話になりたくない後部座席。

monaco18_13.jpg
ドアのマーキングこんな感じ。

さて片羽長年この車をLAPD(ロサンゼルス市警察)所属と思い込んでいたのですがGreenLightが製品化するにあたって"Metropolitan Police"という製品名になってておやと思いました。エンブレムも1/64では小さくて見えなかったのですがこの度1/18を入手してみるとたしかに"Metropolitan Police"と書いてあります。

monaco18_15.jpg
映画本編映像より。30年以上気付きませんでしたが"Metropolitan Police"ですね。

monaco18_14.jpg
左:現実世界のLAPDエンブレム(ロサンゼルス市章)。
右:『ターミネーター』の"Metropolitan Police"。
表記以外にも縁周りが簡略化されていて中央の盾は左右反転されています。

monaco18_24.jpg
手持ちの資料からLAPDのダッジ・コロネットのドア周り。
左上のモットーが"to protect and to serve"(市民を保護し市民に奉仕する)ですね。
『ターミネーター』版は"to care and to protect"。「市民を思いやり市民を保護する」という感じでしょうか。

monaco18_16.jpg
本編映像より"Garage Chase"で壁に激突した後の車。
スタッフのお遊びかモットーが"Dedicated to serve"(市民に奉仕するため犠牲になった)になってます。
あとエンブレムの盾が正向きですね。

そういえば『ターミネーター』と同時期の映画『ブルーサンダー』(1983年)もLAPDではなく"Metropolitan Police"でした。日本だったら東京のパトカーの横腹に「警視庁」がダメで「首都警」と書いてあるような話でしょうか。

monaco18_23.jpg
映画『ブルーサンダー』イメージで。
LAPDは航空戦力も充実!
……というわけではなくこの後1977年型ダッジ・モナコ/プリムス・フューリー史上最大の惨劇が。


やはり1980年代前半のテレビドラマでロサンゼルスを舞台にダッジ・モナコが大活躍する『パトカーアダム30』(T. J. Hooker)もWikipediaによれば当時のLAPDが現実の表記やバッジの使用を許可しなかったため組織名は「LCPD」(Los Angeles County Police Department)になっていたそうです。おそらく『ターミネーター』の"Metropolitan Police"も同じ理由なのでしょう。
その後『ターミネーター2』(1991年)ではリアルLAPDのエンブレムと"to protect and to serve"になっていたのでLAPDの姿勢が軟化したのだと思われます。

monaco18_17.jpg
さて製品名に"with 1:18 T-800 Endoskeleton Figure"と銘打ってあるからにはその通りエンドスケルトン(内骨格)フィギュアが付属しているわけですが

monaco18_18.jpg
monaco18_18.jpg
正直これをご紹介するのツラいです。ディティールはサイズなりで、可動部は一切なし。劇中でダッジ・モナコと骨状態のターミネーターが一緒にいる場面なかったし、そもそもプラズマライフル持ってる時点で『2』仕様だし「なんでこれ付属させたんだろ?」と思わずにいられません。とはいえ車本体だけだったらただのLAPDっぽいパトカーのオモチャなので何か『ターミネーター』のアイデンティティーを盛り込まなくてはならなかったのかも知れませんが、それならこの車に乗った"TECH-NOIR"仕様の坊ちゃん刈りでチェーンジャラジャラのシュワかコールサイン1L-19の警官のフィギュアが良かったなと思います。












しかしまあメーカー側がドアの開く警察車両のミニカーに人型ロボットのフィギュアを付属させたってことはそいつが乗員で、何なら警官だとみなしても何の問題もあるまい。ということはこいつ実はロボコ………











monaco18_21.jpg
いやいやいや冗談ですが、T-800の工業製品としての完成度の高さを考えると映画『チャッピー』(2015)みたいな感じになりそうです。
『ターミネーター』も『ロボコップ』も80年代にはちょっとダークな夢物語でしたが、こんな未来はもう現実に来てしまいそうなんですね……時の流れを感じます。

というわけで2回にわたり映画『ターミネーター』のダッジモナコ・メトロポリタン・ポリス特集いたしました。
片羽『ターミネーター』の大ファンで今回のダッジモナコ製品化を心から喜んでいますが、Hot Pursuitシリーズで1アイテムも出ていないLAPD車の補完として受け取っている面もあります。片羽のような海外経験のない日本人にとってはアメリカってなんだかんだニューヨークかロサンゼルスという感じなのですよ。NYPDはもうGreemLightで何種類もミニカー出ていまですから今度はLAPDです。絶対売れます!Hot PutsuitシリーズでもHollywoodシリーズでも結構ですからLAPDのポリスカー沢山出してくださいね。よろしくお願いします、GreemLight様。

monaco18_22.jpg
monaco18_20.jpg
合成に使った1/12フィギュアたち。
上:NECA Terminator 2 Judgment Day T2
下:アオシマ/スカイネット T-800 ENDO SKELTON TYPE2



posted by 片羽國雄 at 03:56| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。