2015年10月06日

『ブレイキング・バッド』(前編)〜幻のクリスタルシップ〜

3か月ぶりです。エレノアに引き続いてGREENLIGHT回です。
今回お披露目するのは『ブレイキング・バッド』のクルマたちです。

1006BB_bounder01.jpg

『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)は2008年〜2013年に制作されたアメリカ合衆国のテレビドラマです。

舞台はアメリカ南西部ニューメキシコ州、国境の街アルバカーキ市
主人公ウォルター高校の化学教師ですが低収入で仕事に喜びもなく、家に帰れば次女を妊娠中のヒステリックな妻と体に障害を持つ高校生の長男を抱えて生活に追われています。
そんなある日ウォルターは末期の肺がんで余命3ヶ月と診断されます。もう50歳ですしさほど取り乱すでもなく宣告を受け入れるウォルターですが、家族にはいくばくかのお金を残してやりたいと考えます。
ウォルターが選んだ道はなんと違法薬物“メス”(メタンフェタミン。覚せい剤の一種)を作って売ること。化学の専門家ですから製造は容易です。昔の教え子でドラッグディーラーのジェシーを相棒にして原料調達や販売を任せ、2人でキャンピングカーに機材を積み人気ない荒野に出かけては高純度のメスを作ります。

ここでミニカーのお披露目。
1016BB_bounder05.jpg
1016BB_bounder06.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
ROUTE 66
1986 FLEETWOOD BOUNDER
グリーンライト 1:64スケール
ルート66
フリートウッド・バウンダー


1016BB_bounder07.jpg
1016BB_bounder08.jpg
1016BB_bounder09.jpg
1016BB_bounder10.jpg
1016BB_bounder11.jpg
1016BB_bounder12.jpg
1016BB_bounder15.jpg
日本では8月発売だったようですがトイザらスやTamTamで見かけることはなく、通販で購入したのですが……………………やってもうた。執筆疲れか。


1016BB_bounder04.jpg
片羽「グリーンライト バウンダー」で検索してお買い物したのですが「ルート66」の文字を見落としていました。これHollywoodシリーズの『ブレイキング・バッド』のバウンダーじゃありません。「ルート66」シリーズ(GLのHPにないけどContryRoadと同様の田舎の車シリーズ)の同車種です。


1016BB_bounder13.jpg
1016BB_bounder14.jpg
しかし車体前方3箇所に小さな「Bounder」のロゴが入っているだけで基本同じカラースキーム。ブリスターで飾るならHollywoodシリーズの方じゃなきゃ駄目なんでしょうが片羽は開封派だし、ここは黒いファイヤーバードをナイト2000に見立てるようなものと思ってご勘弁ください。


1016BB_bounder16.jpg
乗用車との対比。大きいです。さすがアメリカ。

1016BB_bounder17.jpg
日本車と比べるとなおデカい。

1016BB_bounder18.jpg
ダッジバンと比べてもこのデカさ。

気を取り直してバウンダーの説明。
ウォルターとジェシーがメス製造に使うキャンピングカーです。さすがアメリカというべき犯罪態様なのですがキャンピングカーに機材と原料を積んで荒野に乗り入れ、人気ない場所で違法薬物を作るというのです。そこで車が壊れれば死を意味するほどの本っ当に人気ない場所。日本ではちょっとありえないですね……


1006BB_bounder03.jpg
当ブログのヘッダー画像と合成。少しの違和感もありませんね。
ドラマの中でもこんな砂漠の真ん中(小屋すらなし!)で作業してました。
この環境、片羽だったらスプレー全開でプラモの塗装をします。ザッツ合法!


1006BB_bounder02.jpg
ほのぼのとした日本の田園風景には無理ありますね。
これで移動しながら悪事を働いてたら福岡県警ぜったい気付く。


2人の作るメスの外見的特徴にちなんだ"Crystal Ship"というクールな愛称もありますがこの車の生前には登場しません。
この車の末路も涙なしには見られない名場面。是非とも本編をご覧ください。


さて子供たちが成人するまでに必要な金額だけを稼いで速やかにメス密造から手を引くつもりのウォルターでしたが、大口の取引をしようと思えばギャングを相手にするほかありません。
商談の相手は常にウォルターのメスをタダ取りしようと狙ってきますし販路を拡大しようと思えば商売敵との抗争が発生し、殺人を含むトラブルが日常茶飯事でその対処にせっかく稼いだお金も端から消えていってしまいます。
そのうちに秘密にしていた末期がんも家族に知られ、どちらかと言えば医療費を使わず死んでいきたかったウォルターでしたが妻の懇願に折れて治療を決意。高額の医療費を工面するため一層メスの大量生産に励まなくてはならなくなったのでした。

1016BB_police01.jpg
1016BB_police02.jpg
1016BB_bounder19.jpg
1016BB_police03.jpg
1016BB_police04.jpg
1016BB_police05.jpg
1016BB_police06.jpg
1016BB_police07.jpg
1016BB_police08.jpg
GREENLIGHT 1:64scale
2012 Dodge Charger
Albuquerque, New Mexico
グリーンライト 1/64
2012年式ダッジ・チャージャー
ニューメキシコ州アルバカーキ市警

助演はHOT PURSUITシリーズ16よりアルバカーキ市警のパトカーでした。Hollywoodシリーズをしれっと援護射撃。机の上のウォルターごっこにも一層気合が入るというもの。素晴らしい商品展開です!


以上シリーズ序盤のあらすじです。この後ものすごく状況が変わっていきますが今回本当にネタバレしたくないので中盤以降のストーリーはミニカーに関係する部分だけ触れて行きますね。(後編へ続く)


posted by 片羽國雄 at 00:31| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。