2014年08月16日

官兵衛の赤合子

0816kanbe01.jpg


地元地元と言いながら、よく考えたら『軍師官兵衛』が福岡に来るのラスト3話ぐらいじゃねえかと気付いてしまった福岡県民。最近は『花子とアン』の嘉納伝助こと伊藤伝右衛門にすっかり県民人気をさらわれちゃってます。官兵衛派としてはもこみちのイッキが待ち遠しいところですね。
そんな中、片羽の母親が老人会だか日本舞踊だかの催しで官兵衛の仮装が必要になったというのでこんなもん作っちまいました。

0816kanbe02.jpg
0816kanbe03.jpg
0816kanbe04.jpg
0816kanbe05.jpg
1/1 官兵衛の赤合子


黒田官兵衛が関ヶ原の戦いの頃に着用した兜・赤合子(あかごうす)です。『軍師官兵衛』オープニングの冒頭に出てきてますが、これも本編じゃラスト5話ぐらいでようやく登場なんじゃないでしょうか。
一見してドンブリじゃねえかと思われる方も多いでしょうが、その通りお椀を形取ったデザインで領地が富み栄えるようにとの願いをこめてこの形状にしたとのことです。

0816kanbe06.jpg
0816kanbe07.jpg


作り方。
兜本体は100円ショップで買ってきた調理用のボウルに紙皿を重ねて接着したものを芯にし、ホームセンターで買ってきた建築用のパテを盛っては削り盛っては削りして形状を出します。頭頂の高台も食品用のプラケースです。
後頭部を守る錣(しころ)はプラ板ですが、あまり大きな材料が手元になかったため扇型を切り出せず直線材を組み合わせてそれっぽく見えるように仕立てました。接続はオール接着剤で、黒い紐は装飾として通してあるだけです。
顎紐はこれまたホームセンターで金具を買ってきてネジ止めです。
塗装はサフを吹いてピンクを吹いて赤(グンゼの3番)を吹いてます。
材料はできるだけ手持ちの在庫を使って、採寸は現物合わせで行き当たりバッタリでガシガシ作っちゃったのですが宴会芸にはこれで十分でしょう。夏休みの自由工作で兜を作りたいという小学生諸君には、兜本体はホームセンターで1,200円ぐらいの作業用ヘルメットを買ってきて芯にして、錣はボール紙で良いから扇形に切り出してちゃんと形状を出せとアドバイスしときます。

さて『軍師官兵衛』、有岡城編・高松攻め編・本能寺編と駆け抜けて視聴率も上昇中のようですが官兵衛と秀吉の間に微妙な不協和音が生じており、官兵衛が今後どの時点で暗黒面に堕ちて関ヶ原へ向けて天下取りの野望を抱くのか気になるところです。まあ文禄・慶長の役あたりでしょうが官兵衛なりに天下を憂えて自分が非情の支配者になろうと決意する。そんな瞬間がいずれ描かれるのでしょう。

0816kanbe08.jpg
銀河最強軍師カンベーダー。
なんとなく合成したくなった。今は反省している。
この人もエピ2あたりでは天下を憂う熱き志の持ち主でした。



ラベル:官兵衛 赤合子
posted by 片羽國雄 at 16:26| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。