2013年05月29日

ベネトン・B192 〜赫奕たる異形〜

 1992年のF1ミニカー記事も第5弾。フェラーリF92Aロータス107の隣で敵っぽくゲスト出演していたベネトンB192が今回の主役です。

0529b192_01.jpg
右から1/43ブランドル車(ONYX)、1/43シューマッハ車(MINICHAMPS)、1/64シューマッハ車(MINICHAMPS)


 マシンの底部と路面の間に空気を取り込み、マシン後端のディフューザーから吐き出させることでマシンの下に低圧状態を作り出し強力なダウンフォースを得る構想は70年代から存在したのですが、マシンの前端はボディの空力を考えて低く鋭くというのが長らく常識でした。
 これを覆したのが1990年のティレル019で、マシンのノーズを少し持ち上げて地面との間に隙間を作り、フロントウイングはナマズの髭のように左右にぶら下げた形状(アンヘドラルウイング)を採用しました。ノーズを上げた分マシンの下に取り込める空気が増えるわけですね。
 当初は驚きをもって迎えられたティレルのハイノーズですが1990年のジャン・アレジと中嶋悟の好調から評価され、他のチームもこぞってマシンのノーズを上げて行きます。

0529b192_18.jpg
右からティレル019、ベネトンB191、同B192。
ノーズ上がってますね〜

0529b192_19.jpg
フェラーリF92Aとジョーダン191。
ティレルやベネトン程じゃなくても
各車ノーズを上げて行ってた時期でした。


ベネトンは1991年のマシンB191でティレル並みにハイノーズ化したのですが、翌1992年のB192でより高くノーズを持ち上げたバナナノーズとも言われるデザインを採用します。従来のフォーミュラカーのノーズコーンを天地引っくり返したかのような超ハイノーズは当時かなりのインパクトで、片羽正直こんな形状のものが路面に吸着して走るとは思えなかったのですが蓋を開けてみれば実戦投入された第4戦スペインGPでいきなりミハエル・シューマッハが2位入賞。その後シーズン通して前年の王者マクラーレンを翻弄し、無敵の筈のウィリアムズを時に追い回す大活躍を見せる大成功作でした。

0529b192_02.jpg0529b192_03.jpg0529b192_04.jpg0529b192_05.jpg0529b192_06.jpg
ミニチャンプス(MINICHAMPS)1/43
ベネトン・B192(#19 ミハエル・シューマッハ)


 後に7度チャンピオンに輝く“皇帝”シューマッハは当時23歳。この1992年が初めてのF1フル参戦で、当時としては異形のマシン・B192と共にその清新さと比類なき強さを強烈に見せつけてくれました。雨のベルギーGPでウィリアムズ勢を出し抜いて初優勝を飾ったのも忘れがたい名場面です。
 ミニカーはミニチャンプスのミハエル・シューマッハ・コレクションの一品でシャープな造りです。

0529b192_07.jpg
0529b192_08.jpg0529b192_09.jpg0529b192_10.jpg
オニキス(ONYX)1/43
ベネトン・B192(#20 マーティン・ブランドル)


 マーティン・ブランドル…当時の片羽は「誰だこのオッサン?」などと思ってましたが20年の歳月を経てみると彼の渋さは心に沁みます。1992年はコンスタントに入賞していたのですがシューマッハに比べると華が無かったのか1年でベネトンを追われてしまいました。近年はテレビの解説者として人気が高いそうです。
 オニキスのミニカーなので1992年の当時ものです。後発のミニチャンプスに比べると平べったくて角ばってますね。なんとなく『ベルセルク』のモズクス様を思い出します。でもこれはこれで良い感じ。
0529b192_11.jpg0529b192_12.jpg0529b192_13.jpg
ミニチャンプスとオニキスの比較。
そりゃ後発のミニチャンプスが
出来が良いに決まってますが
オニキスはリアルタイムで
よくぞここまで雰囲気を良く捉えたと
褒めるべきでしょう。


0529b192_14.jpg
0529b192_15.jpg
0529b192_16.jpg
0529b192_17.jpg
ミニチャンプス(MINICHAMPS)1/64
ベネトン・B192(#19 ミハエル・シューマッハ)


 片羽、B192の異形を初めて認識したのはモナコGPだったのですが、序盤でシューマッハがアレジと超接近戦を演じてロウズヘアピンで接触し、F92Aの左サイドポンツーンに大穴を空けるシーンが強烈に印象に残りました。バナナノーズ怖え!これはもう凶器だと(まあ近年になってyoutubeで見直したら本当はノーズじゃなくて右前輪で押し割ってたんですけどね)。
 そして私にとって至上の美であるフェラーリF92Aをこんな風に手酷く破壊してしまった寸詰まりの醜い奴ということで大層B192を憎みました。さらにはこのマシンの形状が90年代後半の標準になってしまったもので片羽はF1グランプリのテレビの画面を見るのも苦痛になってしまい、ついにはF1離れを起こしてしまいました。
 しかし20年の歳月に洗われた後ではF92Aの仇敵であったこのB192の強さを素直に認めたい気持ちだったりします。今となっては全てが懐かしく、そして美しい…。
 
0529b192_20.jpg
片羽心の車、アレジのF92Aを
コテンパンに負かした憎い奴。
だけど憎さ余って可愛さ百倍。


posted by 片羽國雄 at 02:05| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。