2013年03月02日

ヤンフジ戦、終結。

 1ヶ月完全沈黙して取り組んでおりました第25回フジテレビヤングシナリオ大賞応募作品、締め切りの2月28日にどうにか完成して郵送いたしました。

 自信の程はというと………………………………知らん。

 ここで散々語らせてもらってます第22回S1グランプリ奨励賞受賞作品『ご家老様の贋札』は昨年3月末に提出した時の自己採点「1次を通れば御の字」(S1グランプリの1次は応募総数の95%ぐらいの作品が通過します)だったのですが、蓋を開けてみれば現時点で片羽唯一の受賞作となりました。
 逆に自己採点の高い自信作が1次や2次で敗退することはザラですし、もう自分の作品が面白いか面白くないかなんて正直さっぱりわかりませんので、そのうちに片羽は考えるのをやめてしまった!という境地です。
 出来ることと言えば自分の理想とする映画・ドラマに少しでも近付くことができるようベストを尽くすことだけで、その意味で「面白さ」の探求は及ばずながら続けて行きたいと思います。

 さて、片羽は頑張った自分にご褒美の時間です。近所のリサイクルショップでお救いしてきたのはロッソの1/43 フェラーリ643以前ご紹介したF92Aの前年、1991年のフェラーリのF1マシンです。

0302_613_1.jpg

 んーと、実のところロッソというメーカーが活動していたのはバブルが弾けた前後の1990年〜92年ぐらいで、フェラーリ各種とかホンダNSXとか当時の車の名作キットをいくつか出して活動休止してしまいました。
 …ということは再生産なんかされていない21年前のプラモデルということになりますのでデカールやタイヤが腐っているのではと不安もあったのですが、大枚4,800円(←当時の定価そのまんま!)をはたいて購入するからにはレジで箱の中身を確認させてもらいました。

0302_613_2.jpg

 い、生きてるぞ…デカールもタイヤも!
 というわけで完成させたらミニカー回で晒しますので乞うご期待!


ラベル:シナリオ
posted by 片羽國雄 at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。