2012年09月20日

『ご家老様の贋札』執筆記(その11) 歴史編(8)〜こうとしか生きようのない人生がある〜

 長らくお付き合いいただきました福岡藩贋札事件・歴史編ですが今回で最後です。本件を語る際に外せない人物がまだ一人。西郷隆盛です。言わずと知れた明治維新の主役がここにちょっとだけ顔を出します。
 西郷隆盛を知らない人も少なかろうと思いますが一応説明。薩長同盟・王政復古・戊辰戦争と倒幕を主導した薩摩藩士で、明治政府にも参画して陸軍大将となるも征韓論を巡って内治優先派と対立して下野、鹿児島に帰って不平士族と共に西南戦争を起こし政府軍に敗れて散華した人物です。
 戊辰戦争を明治元年(1868年)秋の東北戦争終結まで戦った西郷は鹿児島へ帰り、休息と藩政改革に努めました。上京して国政に参与するのは明治4年(1871年)1月のこと。福岡藩贋札事件の摘発は明治3年(1870年)7月ですから、西郷が鹿児島藩で参事を務めていた時期です。
 弾正台による贋札製造の摘発を受けた福岡藩藩主は元家老・矢野梅庵……渦中の大参事・矢野安雄の父親ですね……を急遽鹿児島へ派遣して西郷隆盛に救援を乞います
 梅庵が福岡藩勤皇派の生き残りで西郷隆盛とも親交があったという理由もあるのですが、嘉永2年の(1849年)の薩摩藩のお家騒動「お由羅騒動」にあたって筑前藩は島津斉彬の家督相続に協力しており、斉彬派であった西郷は福岡藩主に恩義を感じていたという縁があったのです。
 矢野梅庵と共に小倉(贋札事件の捜査本部が置かれていた)へ駆け付けた西郷隆盛は事件の担当者である弾正台大忠・渡邊昇と面会し、福岡藩に対する寛大な処置を求めますがあまりに状況が悪すぎたのか成果は得られませんでした
 私片羽が『ご家老様の贋札』を書き出すにあたって一つ取っ付きやすさを感じた、もっと言えばコンクール出品作としての勝算を立てたのがこの西郷隆盛の登場でした。なんせ一般に認知度の低い福岡藩贋札事件において数少ない全国区の有名人です。さらに財政難に苦しんで贋札を作った福岡藩士と、この後士族の処遇に腐心した挙句に西南戦争を起こして散る西郷隆盛の運命にも通じるものがあります。
 よって拙作では倒幕を成し遂げた少し後の西郷が福岡藩贋札事件を通して武士階級の行く末、そして自身の破滅的な蜂起までを予見するという描き方としました。これで作品が引き締まりました。

※    ※    ※    ※    ※    ※    ※    ※

 ここまで長々と福岡の幕末史を語らせていただきました。退屈だったかも知れませんが拙作を語る上でどうしても外せないパーツでしたのでご了承いただきたく。
 総括しますと幕末に勤皇派を弾圧して殺してしまった時点でその後の福岡藩の運命は変えがたいものになっていました。不透明な情勢と財政難の中で先任者が勤皇派も佐幕派も次々と消されて仕方なく藩政を引き継ぎ、そして贋札事件で処刑されてしまう矢野安雄ら若き藩幹部たち。藩と己の行く末をある程度予見しながら与えられた役目を果たしていたのでしょう。
 では暗いばかりの明治3年の春だったのか。いや、もしかしたら贋札製造という仕事に、それが己の存在証明であるかのように真摯に取り組んでいたのではないか。贋札が上手く出来た瞬間には喜びすらあったのではないか。ならば俺はその瞬間を描きたい。…調査を経てそんな創作動機が最終的に固まりました。
 さて次回より舞台は2011年に戻りまして『ご家老様の贋札』シナリオ執筆編です。打って変わってアホさ全開で。乞うご期待。(その12へ続く)


posted by 片羽國雄 at 01:41| Comment(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。