2020年04月13日

テレワーク。

0412telework.jpg

先月の福島旅行は典型的な「コロナ慣れ」の軽率な所業であったと今は反省してます。
今は自宅謹慎中……ではなくて会社のPC2台を自室に運び込んでテレワーク生活です。
通勤時と変わらない時間に起き、『めざましテレビ』を観ながら幾分ゆっくり朝食を食べ、アパートの外階段でYouTube使ってラジオ体操してからおもむろに「出勤」します。
Webカメラで監視とかはされてないのでパジャマ姿だろうが全裸だろうが文句は出ないのですが一応ワイシャツとスラックスを着て仕事することにしています。できるだけ生活リズムを平時と同じに保ちたいのですよ。

実は4月13日、再上京を果たしてから1周年の記念日です。
再上京にあたって大地震に遭うことは覚悟していましたがこんな『復活の日』だか『四畳半神話大系』だかわからんような事態は想定していませんでした。
昨秋から執筆活動はすっかり10年前の調子を取り戻しつつあったのですが、コロナに射すくめられて停滞中。コロナ以前に温めていた物語の構想も完全にピンボケになってしまいお蔵入りです。
正直次の一手が思いつきません。

いや執筆活動どころか1か月後の会社の、国の、世界の有様が見えません。
コロナで人類が死滅するとは思ってませんしいずれ特効薬もワクチンも完成して事態は終息するのでしょうけど、その時人々の心はコロナ以前とは異なる様相になっているでしょう。
疲弊、格差拡大、相互不信、憎悪、闘争、荒廃、衰亡……順当に思い浮かぶのはそんな言葉です。
あるいはワンチャン逆転、既存の権威が崩壊して好ましい新秩序が誕生し人々が繁栄を謳歌しているかも知れません。

脚本家としてはそんなどっちに転んでいるか知れないアフターコロナ世界の様相と人心を想像して、そこで売れる物語をこれから考えなくてはならないわけで途方に暮れております。
しかしこちらもワンチャン刑事と医療と裁判と韓流コピーばかりになってしまった国産ドラマが新機軸を求めるかも知れない。もしかしたら『西部警察』がまた都心で撮影できる世の中になるかも知れない。そんな希望を胸に2年目の東京生活を始めて参りたいと思います。
posted by 片羽國雄 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。