2013年07月27日

『クロス・マネジ』 〜幸福な作品では?〜

 『週刊少年ジャンプ』今週号で終了した『クロス・マネジ』(作:KAITO)について締め括っておきましょうか。


 元サッカー部員の男子・櫻井玄哲がマネージャーを務める藤丘高校女子ラクロス部は春のティーンズマッチで強豪・蝶蘭女学院相手に奮戦するも敗れてしまいました。悔し涙に暮れる一同。
 季節は流れて秋の大会、強化なった豊口深空以下藤丘高校の面々は決勝戦で再び蝶蘭女学院に挑みます。試合開始前、蝶蘭のエース・茅原和峯は櫻井に問います。
「今、楽しい?」
 満面の笑み。それが櫻井の答えでした。


 …こんな感じで物語は終わりました。
 総括してみると負傷してサッカーを諦め失意のどん底にあった櫻井が嫌々ながら女子ラクロス部のマネージャーを引き受け、やがて深空の情熱にほだされてマネージャー業に本気で取り組み、チームの育成に喜びを見出すというお話だったわけでよくまとまっていたと思います。
 本作を少年誌のスポーツものと捉えると物足りなさは否めません。ラクロスという競技の概要が読者に示されたのが第10話あたり、単行本2巻に入ってから。これはやはり遅すぎました。仮にラクロスがドラマの背景に過ぎなかったにしても櫻井や深空が何のために何をしているのか不明瞭で感情移入しにくい前半になってしまいました。
 しかしその辺はストーリー後半になって取材を深めたのか改善されグッと読みやすくなりました。前半でただただ猥雑な印象だったチームメイトたちも後半一人一人の掘り下げに成功しておりドラマに深みが生まれています。対蝶蘭戦が始まってからは作者がやりたかった事を全投入した感じで名場面のオンパレードでした。

 片羽が好きだったのはこの辺。蝶蘭戦後半に深空達を送り出す櫻井。
0725senaka.jpg
0725ittekoi.jpg
 作者は最初からこのシーンがクライマックスの映像として頭にあったのではないでしょうか。
 この後の「見てて」の回も良かったんですけど、私はこちらが好きだな。

 あと同じ回の斎賀那智
0725uraaaa.jpg
 斎賀は強くて見場も良い基本取っ付きやすいキャラですが、櫻井に対してガサツに振舞いつつも徐々に深める信頼そしてほのかな恋愛感情という人間性の部分も良く描けていたと思います。
 櫻井や深空や和峯は作者が努力して考えて描いている感がありますが、この子は作者の中で自然に動いてますね。KAITO先生の次回作、主人公は斎賀が良いな。

 何だか勝手に気になって注目して参りました『クロス・マネジ』ですが、第1話で「おっ!?」と引き込まれ、その後の展開を読んでいって「大丈夫かいなこれ?」と首を傾げてたら後半になって調子を上げ、終盤に渾身の名場面が出てきて綺麗にまとめ上げられた感じですね。短いながらも作者が描きたかった事は全部描き尽くして爽やかに終わって行けた幸福な作品だったのではないでしょうか。


posted by 片羽國雄 at 03:52| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

時にはシナリオの話を

 久方ぶりにシナリオの話をしましょうか。片羽この夏なにも『モデナの剣』読んでミニカーで遊んでばかりいるわけではなくて次回作の準備を着々と進めているのですよ。
 コンクール用とはいえ執筆中の作品は企業秘密なのでアイデアの核心部分をお教えすることはできないのですが、作品でなくて執筆「作業」について今回リアルタイムで語ってみようと思います。

 現在構想中の作品ですがクラシック音楽の世界が舞台とだけ言っておきます。
 大まかな筋立てとしては主人公がある曲目をある場で演奏しようと思い立ち、個性豊かな仲間を集め、予算や楽器や練習場所を調達し、技量の不足を克服し、ついに本番を迎えるというお話です。

 …これだけだとどっかで観たようなお話ですね。

0724swg.jpg
筆頭として『スウィングガールズ』が思い浮かびます。

0724dvd.jpg
あとこの辺も(アマデウスは違うか)。他には『オーケストラ!』とか『カルテット!人生のオペラハウス』なんかもそういう筋立てですね。今は買ってきたり借りてきたりしたDVDを観ながら先達との類似を避けようと片羽必死に知恵を絞っておるところであります。

0724blbr.jpg
しかし主人公が万難を排して音楽を奏でるお話というと最高傑作はやはり
『ブルース・ブラザース』

0724blmb.jpg
コーギーの1/43 ブルースモビル。
またの機会にちゃんとお見せしますね。

 音楽関係の映画も色々観直しましたが一巡りして大好きな『ブルース・ブラザース』に行き着いてしまったら少し気が楽になりまして、こうなったら筋立ての陳腐さは気にせずに状況設定と人物設定の面白さで勝負してみて良いかと開き直っていたりします。

 あと音楽の世界に疎い片羽がセリフ勘を養うために買ってきたのが

0724nodame.jpg
『のだめカンタービレ』全25巻。
これが面白くて面白くてここんとこ寝不足です。

 結局今回もミニカーと漫画ばかりじゃねえかと叱られそうですが、シナリオの構想段階というのはこんなもんです。もうちょっと構想が固まったら各方面へ取材に出かけるんですが、それは来月あたりの話。…ではまた!
posted by 片羽國雄 at 02:39| Comment(0) | シナリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。